2007年02月11日

アディポネクチン(adiponectin)とは

アディポネクチンとは
【アディポネクチン:あでぃぽねくちん】
 英語:adiponectin

アディポサイトカインの1種。その中でも善玉のホルモンと呼ばれ、ヒト体内の血中に分布しますが、ボディマス指数(ボディマスしすう、Body Mass Index、BMI)が高くなると、つまり肥満度が増していきますと、アディポネクチンは逆に少なくなるそうです。

健康食品・サプリメント.jp
DHC商品リスト 健康食品・サプリメント・化粧品
DHCの健康食品・サプリメント一覧
DHCのおいしい食品一覧
DHCの化粧品一覧


●アディポサイトカインとは?
細胞が作り出すさまざまな働きを持った生理活性物質は、総称でサイトカインと呼ばれています。これまでにサイトカインは数多く見つけられていますが、そのうちの数種は病気の治療にも活用されています。

例を挙げるとインターフェロンもサイトカインの一種ですが、ウイルス性肝炎の治療に使われています。

そして2002年ぐらいの研究で、従来は単なるエネルギーの貯蔵庫だと思われていた脂肪組織からも、何種類かのサイトカインが作り出されていることが報告されるようになりました。それらのサイトカインのことを、アディポサイトカインと呼んでいます。

※アディポとは“脂肪”のことです。

●その働きは……
アディポネクチンの働きとしてはインスリンの作用を活性化させ、血糖値を下げ、さらに脂肪の消費に役立つそうです。そしてここ数年注目されているメタボリックシンドロームに対しての効果も検証されているようです。

動脈硬化の鍵・アディポネクチン

これに関わるだろう論文が掲載されているサイトは次のところです。

最近の話題117-6-413 - 日本薬理学会

大分以前から注目されているようで、検索すると結構な数がヒットします。
バイオ企業や、製薬企業、研究施設などのヒットが多いので、それなりに評価されている物質ということかもしれません。

健康食品・サプリメント.jp
DHC商品リスト 健康食品・サプリメント・化粧品
DHCの健康食品・サプリメント一覧
DHCのおいしい食品一覧
DHCの化粧品一覧
【関連する記事】
posted by Mr.サプリメント at 18:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33446004

この記事へのトラックバック

メタボリック
Excerpt: 冬は食べ物がおいしいですよね。大根とか白菜とか野菜がおいしいから 鍋とかおでんとかついつい食べ過ぎてしまいます。 夏はわりと太らないんだけど冬は肉がつきますねー。 今年の冬は特にやばいです。確実..
Weblog: 32才男性の日記
Tracked: 2007-02-22 10:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。